Skip to content

月: 2021年7月

ぎっくり腰

年に数回、ぎっくり腰というものに見舞われるが、いつもは無理をしてでも店を休むことなくなんとかやり過ごし「ほら、やっぱり動いていた方が治るのも早い!」と自己満足に浸っていました。しかし今回は・・・・。

布団から起き上がるのに1時間近くかかり、大汗かいてのたうちまわる。やっと立ったと思っても歩くのもしんどい。こんなに泣くほど痛いぎっくり腰は初めてだったが、3日たってもまったく楽にならないので、知人が教えてくれた病院に行くことにした。

一度座ったら立ち上がるのが大変なので立ったまま待つことにしたが、1時間を過ぎた頃からもう立っているのもしんどくなり、近くにあったパンフレットスタンドにつかまってやっとの思いで立っていた。

もう無理だ・・・と思ったところにやっと呼ばれてゆっくりゆっくり処置室の中に。診察台に座るように言われて、右側に枕が置かれ、右を下にして横になるように言われる。「え?いや、絶対無理です!!!」と抵抗したものの、それができないと治せないよ!と叱られ、何度かトライするも絶叫して断念。腹筋に力を入れて腕を胸の前でかたくクロスするように言われて倒されると同時に看護師さんが足を持ち上げてなんとか横に。でもあまりの痛さに涙が出てくる。その後、骨盤を押したり引いたりして、本当に軽く触る程度にさすっている。もう信じて託すしかない、と覚悟を決めたところに「はい、では一度起きて反対側に横になって」と。起きるのも寝るのも痛過ぎてむり!ずっと首をよこに振り続けていましたが、無理やり横に。その時手をついてしまい、「手はつかないで!」とまた叱られる。だって・・・だって痛過ぎて・・。

もう1往復同じ拷問が続き、3往復目が終わったところで「ロックされていたのはもう外れたので自分で起きてみて。まだ傷が痛いだろうけれど、腰はなおっているから。」と。そして苦労しながらも自分で手をついて起き上がることができた。

なにこれ!?魔法ですか???

確かに知り合いには「魔法のように1回で楽になります」と紹介されたけれど、これほどとは!腰から下が冷え切って痺れ、うっ血したように感覚もなくなって自分の足でないような感じだったけれど、「これで足が温かくなったと思う」とおっしゃって、本当に血が巡ってくる感覚が。まだ腰は痛むけれど、ロックが外れたのがわかった!

あと数日は痛みが続きそうだけれど、治療前ほどの激痛はなく、布団から起き上がるまでの時間も日に日に短くなっている。無理して病院まで行って本当によかった!それにしてもただ撫でるだけでロックを外す技!すごすぎる!!

 426 total views,  1 views today

Comments closed